塩と風と「煙」




素材をおいしくするための“煙”=その素材の旨味を引き出す調理法が、 『冷燻』です。

上辺だけの燻製香とニガニガするタールっぽさだけをつけたものとは全く異なり、素材の中まで煙がゆっくり届き、その素材の旨味だけをゆっくり引き出すのが風の仕業の燻製です。

この冷燻という調理法を可能にしたのが、輿水自ら設計、開発した燻製器であり、他にはマネの出来ない手法です。
(オリジナル燻製器は特許申請中)

理想的な冷たい煙を長時間かけることが可能となり、素材に熱を伝えずに仕上げられることにより、素材のジューシー感が保たれ旨味を閉じ込め逃がさないのです。


是非、お試し下さい。





風の仕業のこだわり

哲学

作ることの楽しさ。探し求めることのおもろしさ。正解の無い燻製という料理。風の仕業の燻製にはクマさんのスピリットが注入されています。
塩と風と煙

燻製は素材の本来の旨味を引き出すための調理法。そのための味付けはほんの少しの岩塩のみ。
塩と風と煙

軽井沢の緑に囲まれた、1000坪の広大な敷地にある工房。木々の間を吹き抜ける清涼な風が、ジューシーな燻製を作ります。
塩と風と煙

素材の中まで煙が届き、素材の旨味をじっくりと引き出す『冷燻』という手法は、燻製を極めるためのこだわりから生み出されました。

ページトップへ